ホーム > コラム > “立派な変人たれ” 「世界の山ちゃん」素直で愚直な経営哲学

コラム

「世界の山ちゃん」「幻の手羽先」など突っ込みどころ満載のネーミングや、 とぼけた表情が親しみを感じさせるキャラクター「鳥男」などによるイメージ戦略で成長を続けるエスワイフードは、 1年前に香港に海外初出店を果たし、名実ともに「世界の山ちゃん」となった。 一見、つかみどころのない同社の経営哲学・企業戦略だが、その本質はどこにあるのか。山本重雄会長に聞いた。


この記事は購読会員限定です。購読申し込みして頂けると続きをご覧頂けます。
会員登録後ログインするとご覧いただけるようになります。

メールでのお問い合わせ
ページ上部へ